CV率とは?

企業がホームページリニューアルを考える際に、もっとも重要な指標となるのが「CV率」でしょう。

CV率とは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略称で、Webサイトの成果の達成度合いを表す指標とされています。成果の達成度合いというのは、ホームページにおける商品の購入や、カタログの申込といったユーザーの行動によって決定されます。

一般的なホームページの場合はCV率の平均値は1〜2パーセントなどと言われますが、ユーザーのどのような行動が企業にとって「成果の達成」となるのかは、企業の製品やサービス内容によっても変わってきますから、達成率にはかなり差があります。

ホームページ上にユーザーの何らかの行動を促す(お問い合わせや商品購入など)場所があるにもかかわらず、思ったような行動をとってもらえないのであれば、ホームページリニューアルなどでホームページの問題点をクリアにすることで、CV率を上げられる可能性が高まります。

CV率を上げる工夫

CV率が上がらない、低い、と感じる原因はいくつか考えられます。まず一つが「ユーザー目線の欠如」です。

ホームページに専門用語が多いとか、リンク先がわかりにくい、ホームページが重たい、などなど。

とにかく「ホームページが使いにくい」と感じられるようであれば、その使いにくさを改善することによってCV率も高まる可能性があります。また、CV率が上がらない原因に、ターゲティングが不十分ということもあります。

たとえば女性向けの商品を販売しているのであれば、ホームページも商品の雰囲気に合った、女性向けのデザインが求められます。

ターゲティングと商品の間にズレが生じていると、効率の良い成果の達成には至らないでしょう。そのほか、CV率を上げるには、ホームページリニューアルのタイミングなども関係してきます。

商品やサービスに最も注目が集まるタイミングでホームページリニューアルをすることで、顧客には新鮮さや流行に敏感!という印象を与えることができ、CV率の向上にも繋がります。