使いやすいホームページとは

企業などがホームページをリニューアルする際には「何を目的にリニューアルをするのか」ということをよく考えておく必要があります。

そのためには、現状のホームページの問題点を洗い出し、その問題点を改善できるようなホームページリニューアルを考えるのが得策です。

ホームページによって問題点となるポイントは様々ですが、その中でも特に「ホームページの使いやすさ」に問題がある場合には、早急にホームページリニューアルを検討した方がよいでしょう。

というのも、ユーザーにとって使いづらいホームページは、どんなに内容が良くても見てもらいにくかったり、リピーターが定着しづらかったりするからです。

ホームページとは、企業にとって重要な販促ツールにもなる場所ですから、できるだけ多くの人に見てもらって、できれば定期的に訪問してもらえるようにするのが理想といえるでしょう。

しかし、ひとことで「ホームページの使いやすさ」といっても、使いやすいという感覚は人それぞれなので、どうすれば使いやすいページになるのかというのは案外わかりづらいかもしれません。そこでここでは、多くの人が「使いやすい」と感じるホームページのポイントを紹介します。

リンク先への移動をわかりやすく

使いやすいホームページの大きなポイントとなるのが「リンクのわかりやすさ」です。ホームページには、ページ上から別のページへとジャンプできる、リンク設定というものがされているものが多いです。

リンク設定は画像だったり、テキストだったり、はたまた専用のボタンだったり…と、さまざまですが、このリンク設定箇所はできるだけわかりやすく表示してあげるのがポイントです。

せっかくさまざまな情報をホームページ上に載せているのに、リンクがわかりにくいためにそれらの情報にまで辿り着けない…という失敗は、リンク先テキストを下線付きの表示にしたり、専用のボタンなどを作ってリンクを押しやすくする、といった工夫でかなり防ぐことができます。

またリンク先を表す説明も、専門用語などではなくユーザーがすぐにイメージできるような単語でわかりやすくしてあげるのがポイントです。